おすすめ育毛剤は医薬品を選べば必ず効果がある?

MENU

医薬品に分類される育毛剤

育毛剤は医薬品を選べば必ず効果がある?

育毛剤の内、医薬品に分類されるものには次のようなものがあります。
フィナステリドを有効成分に持つAGA治療薬のプロペシアや、ミノキシジルを主成分としたリアップシリーズやロゲイン、カルプロニウム塩化物を配合したカロヤンSなどが薬に分類されています。

これらの内、カロヤンシリーズとリアップシリーズはドラッグストアなどでも手に入りますが、プロペシアは薄毛治療を扱っている医療機関を受診して処方してもらう薬になります。

ロゲインはリアップと同じ成分のミノキシジルを配合した薬ですが、海外の薬なので入手するのには個人輸入などをするしかありません。
個人輸入には様々なリスクがありますが、日本国内で販売されているリアップが高価であるため、安く買えるロゲインを選ぶ人もいるようです。

医薬品なら必ず効果があるとは限らない

抜け毛や薄毛に悩んでいる人が、薬に分類される育毛剤を使用すれば必ず症状の改善が出来るかというと、残念ながらそうではありません。

それは、薄毛を改善し発毛するためには、自分の毛や頭皮の状態に適した育毛剤を使うことが大切だからです。
例えば、プロペシアはAGA治療薬なので、AGAでない人が使用しても効果があらわれず、ムダになってしまいます。
そのため、薄毛の改善をしたいなら、皮膚科などで診察を受けて医師に有効な育毛剤を選んでもらうのが一番効率的な方法と言えるでしょう。

また、薄毛の悩みと言っても人によってレベルが違うので、深刻なほど薄毛に悩んでいるわけではなく抜け毛を予防したい、頭皮の状態を改善したいという目的なら、頭皮の血行を促進する成分や頭皮を清潔にする成分が入った、手頃な価格帯の育毛剤を使って様子を見てみるのもおすすめです。


<関連情報>

その他、育毛についての情報で医薬品の育毛剤は何が違うのかはこちら